週刊ラスベガスニュース バックナンバー   2015年 7月 15日号
ベラージオホテルでピカソ展、貴重な未公開作品も
 7月3日、ベラージオホテル内にあるアートギャラリー The Bellagio Gallery of Fine Art でピカソ展 "Picasso - Creatures and Creativity" が始まった。開催は来年の1月10日までの約6ヶ月間。

ピカソ展  カジノ、ナイトショー、クラブなどで盛り上がるこの街には場違いな感じがしないでもないが、日本でのこの種のイベントは大混雑になったりすることが多いので、興味がある人はぜひこの機会に足を運んでみていただきたい。
 会場内は混雑とはまったく無縁の優雅で高尚な環境にあること請け合いで、街の雑踏や、すぐとなりにあるカジノの喧騒がうそのような静寂の中で、気に入った作品を至近距離から好きなだけ時間をかけてじっくりと鑑賞できる。作品の前に手すりやロープなどが一切ないのもうれしい。ピカソファンなら泣いて喜びそうな環境のはずだ。
 もちろんファンならずとも行って後悔するようなことはない。カジノで負けて熱くなった頭をここで冷やして我に返るのも悪く無いだろう。

ピカソ展  さて展示内容についてだが、1881年生まれのピカソが 60歳をすぎてからの作品が中心で、時代としては第二次大戦後のものがほとんどだ。
 今回の展示は、すべてピカソの息子であるクロード・ピカソ氏(存命中)が運営する管理団体から借り受けてきたもので、83歳のときに描かれた力作や、これまでに一度も展示されたことのない貴重な未公開作品もあるなど、ピカソの並外れたパワーや晩年の作風をじかに見ることができる。ちなみにピカソは 1973年に 91歳で他界している。
 展示作品は以下の通り。Reclining Woman と The Painter and His Easel が 83歳のときの、そして Left Profile of a Woman with Blue Hair が世界で初めて公開される作品だ。右上の写真は Woman with a Chignon and a Yellow Hat。

作品名種類
 Reclining Woman Reading油絵1952
 Reclining Woman油絵1965
 Woman with a Chignon and a Yellow Hat油絵1962
 Two Nude Women (18枚1組)リトグラフ1945
 Jacqueline with Multicolored Straw Hat (5枚1組)リノカット1962
 The Painter and His Easel油絵1965
 Figure油絵1947
 Figure (上の作品とタイトルは同じ)リトグラフ1947
 El Greco's Portrait a Man with a Ruff (8枚1組)リトグラフ1962
 Woman with Yellow Necklace油絵1946
 Left Profile of a Woman with Blue Hair油絵1938
 Head of Woman Next to Window油絵1964

ピカソ展  開催期間は前述の通り来年の1月10日までの毎日 10:00am〜8:00pm。
 入館料は一般が $19、65歳以上のシニアおよびネバダ州の住民が $16、学生は $14、12歳以下は無料。チケットはギャラリーの入口の前で購入可能。
 なお入館時に、「ヘッドフォンによるナレーションは必要ですか?」 と聞かれる。作品の前に掲示されている作品番号を入力すると、解説が流れてくる装置だ。日本語バージョンはないが、無料なのでとりあえず 「イエス」 と答えると、パスポートなど IDと引き換えに、小さめのスマートフォンのようなものとヘッドフォンを手渡される。
 パスポートは鑑賞後にナレーション装置を返却すると返してもらえるので、受け取るのを忘れないようにしたい。
 ギャラリーの場所はベラージオホテルのカジノフロアからプールに通じる通路を 50メートルほど進んだ右側。

バックナンバーリストへもどる