週刊ラスベガスニュース バックナンバー   2013年 11月 13日号
夕刻の LV マラソン、一部区間の交通規制は午前中から
ラスベガスマラソン  こんどの日曜日(11月17日) の夕刻、ネオン眩しいストリップ大通りでラスベガス・マラソンが開催される。
 といっても、ほとんどの人にとって、事前のトレーニングなど体力的な準備が必要であろうことを考えると、この記事を読んで、「ならば私も参加しよう」 という人などまずいないはず。
 ということで、ここでエントリー方法などを今さら紹介しても意味が無いわけだが、交通規制に関する情報なら話が別。
 道路が閉鎖されている間は、路線バスがストップしてしまうことはもちろんのこと、タクシーもレンタカーも裏道ルートでしか使えない。モノレールはもともと利便性が低いので、離れたホテルで行われるナイトショーを観に行く際など、頼れる移動手段は徒歩だけだ。各種ツアーの送迎車両などにおいても、運行に支障をきたすことが予想されている。
 以下、この日に滞在を予定している人には不可欠な道路閉鎖情報を列挙してみたので、ぜひ参考にしていただきたい。 (掲載写真はすべて昨年もしくは一昨年の大会のもの。クリックで拡大表示)

ラスベガスマラソン  他の都市のマラソンとは異なり、ラスベガス・マラソンは夕刻に行われる (かつては午前中に行われていたが)。もちろん華やかなネオン街というベガスならではの要素を全世界にアピールするためだ。
 各レースのスタート時刻は、フル・マラソンとハーフ・マラソンが 4:30pm、そして今大会から加わった 「1/2 of the Half Marathon」 と称される 4分の1の距離のマラソンが 3:30pm。ちなみに当日の日没時刻は 4:33pm となっているので、4分の1 以外はまさに夕暮れ時のネオン街を駆け抜けるレースということになる。

ラスベガスマラソン  スタート地点は 3レース共にストリップ大通りの最南端に位置するマンダレイベイ・ホテルの前。ゴールは、4分の1 だけがダウンタウン地区で、フルとハーフがストリップ大通りのほぼ中央にあるミラージ・ホテルの前。(フルは途中で郊外に出るコースが加わる)
 つまり 3レース共にストリップ最南端から最北端を通過し、さらに北に位置するダウンタウンまで行き、4分の1 はそこで終了。ハーフはそのままストリップ地区へ Uターン、フルは郊外に出たあとストリップ地区へ Uターンというコース設定になっている。

ラスベガスマラソン  したがって、ゴールとなるミラージ付近 (写真右) を堺に、そこよりも南側にあるストリップ地区では比較的早い時間帯にランナーがいなくなるが、北側は深夜まで完走者でにぎわうことになり、当然のことながら交通規制も南と北で異る。
 実際には、南半分と北半分をさらに複数の区間に分けているばかりか、各区間において北行き車線と南行き車線を別々に管理することになっているので、交通規制はかなり細分化され複雑だ。

ラスベガスマラソン  初めてラスベガスを訪問する人にとっては位置関係がわかりにくいと思われるので、東西南北や道路名ではなく、主要ホテルの名前を使って区間を表現してみた。
 以下が、ストリップ地区のホテル街に宿泊するであろう大多数の日本人観光客が知っておくべき交通規制 (閉鎖時間) だ。少なくとも自分が滞在するホテルの周辺の閉鎖時間ぐらいは覚えておくようにしたい。

マンダレイベイ 〜 エクスカリバー区間の北行き車線 2:00pm - 7:30pm
マンダレイベイ 〜 エクスカリバー区間の南行き車線 2:00pm - 7:30pm
MGM 〜 アリア区間の北行き車線 2:00pm - 11:30pm
MGM 〜 アリア区間の南行き車線 2:00pm - 7:30pm
コスモポリタン 〜 ベラージオ区間の北行き車線 2:00pm - 11:30pm
コスモポリタン 〜 ベラージオ区間の南行き車線 2:00pm - 11:30pm
シーザーズパレス 〜 パラッツォ区間の北行き車線 2:00pm - 11:30pm
シーザーズパレス 〜 パラッツォ区間の南行き車線 10:00am - 2:00am
ウィン 〜 サーカスサーカス区間の北行き車線 2:00pm - 8:30pm
ウィン 〜 サーカスサーカス区間の南行き車線 2:00pm - 10:30pm

ラスベガスマラソン  午前10時から閉鎖になる区間があることがわかる。その区間はゴール地点となる場所なので、メディア席や照明設備などを含めた各種施設の設営作業があり、昨年も早めに閉鎖され周辺ホテルの宿泊者は大きな不便を強いられた。閉鎖が解除になる時刻も深夜2時と非常に遅いので、宿泊、ナイトショー、レストランなど、この区間で行動予定がある者は十分な注意が必要だ。
 ベラージオ以南も、マラソンコースとしての使用は早い時間帯に終わるはずだが、完走したランナーが各自のホテルに帰るための歩行スペースの確保や清掃作業などで 11:30pm まで閉鎖される区間があり油断できない。数少ない歩道橋でしか道路を渡れなかったりするので、目的地がある場合は計画的な行動が求められる。

ラスベガスマラソン  最後に、今からでも参加したいという人のための情報を。
 4分の1マラソンはあいにく売り切れになってしまっているが、フルとハーフはまだ間に合う。オンラインによるエントリーの受付はすでに打ち切られているが、レース日の前日もしくは前々日、ラスベガス・コンベンション・センターで開催されている Health & Fitness Expo の会場まで出向けばエントリー可能だ。参加料金はフルもハーフも $180。レース当日のエントリーは不可。



バックナンバーリストへもどる