週刊ラスベガスニュース バックナンバー   2013年 05月 29日号
たった 3ドル! コスモポリタンのプール施設で野外映画会
コスモポリタンホテルで野外映画  昨年に続き、今年もコスモポリタン・ホテル (写真右) で夏季限定の野外映画会が始まった。
 場所は、世界に冠たる目抜き通り 「ザ・ストリップ」 の中心街を見下ろす同ホテルのプール施設で、開催日は、5月27日から 9月2日までの毎週月曜日、合計14回。ただし 8月26日だけは休演。
(写真内の下のほうに見える白い壁で囲まれた部分が地上4階にあるプール施設。縦長の電光広告塔が映画のスクリーンになる)

コスモポリタンホテルで野外映画  上映予定の映画のタイトルは、以下の予定表で示した通り、ゴーストバスターズ、スタンドバイミイ、マイフェアレディ、ティファニーで朝食を、ロッキー、オーシャンズ11、カラテキッド (ベストキッド) など、日本人にもなじみのある作品や、往年の名作がずらりと並ぶ。(もちろん字幕や吹き替えは無い)
 非宿泊者でも利用でき、入場料は激安の3ドル (宿泊者は無料)。この料金で映画鑑賞はもちろんのこと、プール、ジャクージ、ビーチチェア、ベッド、タオルなども自由に利用できるというから大変ありがたいイベントだ。

コスモポリタンホテルで野外映画  昨年と変更になった部分を列挙しておくと、非宿泊者も無料だった料金が3ドルに値上げされたこと、開催期間が約1ヶ月早まったこと、映画が1本から2本、つまり 「2本立て」 になったことで、その他には大きな変更はない。
 結局、3ドルに値上げになった代わりに映画が一本増えたと考えれば、値上げというほどのものではなく、むしろ相変わらずの超良心的なサービスと考えてよいのではないか。通常の映画館でも 1本10ドルはするのに、こちらは寝ながら観ることができて2本で3ドル。古い映画が多いとはいえ本当に激安だ。

コスモポリタンホテルで野外映画  なお、このイベント施設とはまったく関係ない部分、つまり外部的な要因により、昨年とは少し環境が変わっているので、それを報告しておくと、映画のスクリーンとなるコスモポリタン・ホテルの電光広告塔のすぐ後方に、アリア・ホテルの広告塔が設置され、見る位置によってはそれが視界に入ってしまう (右写真の青い映像の部分)。
 特に気にするほどの存在ではないが、点滅する明るい広告などが表示されたときは、多少目障りに感じる可能性があるので、もしそれを避けたいのであれば、アリアの広告塔がスクリーンの真うしろにすっぽり隠れる位置を探すようにするとよい。ちなみにスクリーンに向かって左寄りのエリアに行けば (右下の写真のエリア)、そのような場所はいくらでもある。

コスモポリタンホテルで野外映画  上映開始時刻は午後7時30分。プール施設自体は当然のことながらそれ以前の時間帯から開放されているわけだが、非宿泊者が施設内に入ることができるようになるのは午後7時から。
 昼からの居残り組に良い場所を確保されてしまうのではないかと心配にもなるが、意外とすいているので、非宿泊者でも 7時までに行って開門と同時に入れば、ビーチチェアなどを確保できる可能性が高い。

 行き方は、コスモポリタン・ホテルの東館 (East Tower。ストリップ大通りに近い側の高層ビル) のエレベーターで4階に行くか、3階のレストラン街にあるタパス料理店 JALEO の入口の目の前にあるエスカレーターで4階に向かうと、待機しているスタッフが案内してくれる。
 なおプール施設内にホットドッグやタコスなどの軽食およびビール、コーラ、カクテルなどの飲み物を買えるバーがあるので、食べ物や飲み物の持ち込みは原則として禁止。
 気になる衣服に関しては完全に自由なので、必ずしも水着を持っていく必要はなく、映画を観るだけならTシャツや短パンでもかまわない。プールに入ることを予定している場合は、着替えるような場所がないので、あらかじめ水着を着用し、その上にTシャツなどを着て行くようにするとよい。(もちろんトイレで着替えることは可能)。

 カジノ、ショッピング、ナイトショー、大自然観光など、とかく慌ただしくなりがちなラスベガスライフ。そんな中、たまには夜空の下で映画を楽しみながらゆっくり過ごすのも悪くないはずだ。遠くのホテルからわざわざ行くほどのものでもないかもしれないが、ベラージオ、パリス、プラネットハリウッド、アリアなどの近隣のホテルに宿泊している場合は徒歩ですぐなので、ぜひ行ってみるとよいだろう。

 6月以降の上映予定作品
 6月  03日 GhostbustersThe Sixth Sense
10日 Richie RichThe Great Gatsby
17日 The Pursuit of HappynessTo Kill a Mockingbird
24日 The Sandlot Moneyball
 7月  01日 Despicable MeFrom Here to Eternity
08日 Little GiantsFriday Night Lights
15日 The Breakfast ClubRebel Without a Cause
22日 Lord of the FliesStand by Me
29日 Karate KidRocky
 8月  05日 When Harry Met SallyMy Fair Lady
12日 The Little RascalsTommy Boy
19日 CluelessBreakfast at Tiffany's
 9月  02日 Cloudy w/ a Chance of MeatballsOcean's Eleven




バックナンバーリストへもどる