週刊ラスベガスニュース バックナンバー   2013年 04月 24日号
TVドラマ 「ビバヒル」 のスティーブがストリップショーで裸に!
 通称 「ビバヒル」 こと、往年の人気テレビドラマ・シリーズ 「ビバリーヒルズ高校白書」 および 「ビバリーヒルズ青春白書」 でスティーブ役を演じた名優アイアン・ジーリングが、男性ストリップとしておなじみの常駐ナイトショー 「チッペンデールズ」 に出演することが決まった。先週、会場を所有するカジノホテル 「リオ」 が発表した。

チッペンデール  ビバヒルは、1990年から約10年間にわたって世界各地で放映されたロングランの青春ドラマ。アラフォー世代を中心に、今でも全世界に熱狂的なファンがいるとされ、近年その続編も制作されるほどの話題作だ。
 そんなドラマで注目されたジーリング (右写真の中央: Courtesy of Caesars Entertainment) がステージで裸になるとあって、早くもファンの間ではちょっとした騒動に。日本の読者からもこちらに問い合わせが寄せられるなど、その関心の高さがうかがえる。
 ちなみにスティーブが登場するのは 6月4日からの4週間という期間限定で、長期のレギュラーメンバーとして加わるわけではない。それがゆえに、彼を観たいファンは急いで旅の計画を立てる必要がありバタバタしているようだ。

チッペンデール  ビバヒルやスティーブを知らない人にとっては、今回の話題はまったく興味の対象外と思われ、また逆に、知っている人にとっては今さらそれらについて説明する必要もないので、ここではチッペンデールズについてふれておきたい。
 このチッペンデールズは、世界中に数ある男性ストリップショーの中でも 「元祖」 と呼ぶにふさわしい存在で、1979年にロサンゼルス地区で始まって以来、全米はもとより世界各地でロングラン公演を続けている名門ダンサーチームだ。そしてその本拠地とされているのがラスベガスで、リオにある専用シアターはいわばチッペンデールズの総本山ということになる。(右上は、チッペンデールズを宣伝しているリオの広告塔。クリックで拡大表示)

チッペンデール  登場する役者は全員がマッチョ系のダンサー。ターゲットとしている客層はもちろん女性で、会場内には、いわゆる女子会のようなグループが目立つ。
 ちなみにラスベガスにおける一般のストリップショー、つまり女性が演じる男性向けのショーにおいては、女性客も目立つが (カップルはもちろんのこと、女性だけのグループも少なくない)、このチッペンデールズにおいては男性客の姿を見かけることはほとんどない。
 男性向けのストリップショーと女性向けでは観客のノリもまったく異なり、前者は静かに鑑賞する客が多いが、後者は大騒ぎになるのが普通だ。
 司会 (これもマッチョ系ダンサー) が客席に向かって、「誕生日祝いで来ている人はいる?」、「結婚直前の最後のハメはずしで来ている人は?」、「離婚のうっぷん晴らしで来ている人は?」 などと呼びかけると、客席から 「イェーィ!」、「ハーィ!」 の大合唱。
 元気のある観客はステージに上げられ、セクシーな下着や避妊具までを使った過激なゲームなどでからかわれたりする。
 盛り上がりがピークに達し、場内が黄色い歓声で充満してくるころには、ダンサーたちも衣装を次々と脱ぎ捨て全裸になりかけるが、大切な部分は手のひらや帽子で隠すので残念ながらなかなか見えない。隠す気配もなく、「今度こそは見えるかも」 と思う場面では、絶妙なタイミングで場内の照明が一瞬にして消え真っ暗に。黄色い声も 「オー、ノー!」 に変わる。

チッペンデール  そんなストリップショーにジーリングが登場するわけだが、心配されるのはその体型。
 日ごろからダンスやエクササイズなどでシェイプアップしているとされているが、49歳という年齢を考えると、いくらなんでもこのグループの中ではアンバランスとなることは避けられない。
 ちなみに地元メディアなどの報道によると、ジーリングはこのたびの記者会見で、かつて芸能ゴシップメディア TMZ から 「デブ」 と称されたことに対して、「最前列の席を用意しておくから観に来い」 と気合十分で上機嫌だったという。
 ムキムキな体型を目指し 6月まで猛トレーニングを続けるとの噂もあるが、はたしてどうなることやら。どんな役をやらされるのか、ファンの間では大いなる関心事のようだ。

チッペンデール  広報部門にスケジュールなどを確認したところ、6月4日から4週間でほぼ確定だが、変わる可能性がまったくないわけではないとのこと。したがって、実際にこのショーのためにラスベガス訪問を検討している人は、リオやチッペンデールズ側に直接コンタクトし、自己責任で確認したほうがよいだろう。
 現時点では毎日 8:00pm 開演、金曜日と土曜日は 10:30pm の部もあり、合計で週9回公演。入場料は $60 + Tax + 手数料。ジーリングが登場する期間もとりあえず値上げの予定はないとしている。



バックナンバーリストへもどる