週刊ラスベガスニュース バックナンバー   2012年 08月 01日号
加盟店がアメリカで急増中のJCBカードがおトク!
使えば使うほど当選チャンスが増えるキャンペーン実施中!
【記事広告】 (本文、写真、JCB社制作)
JCBカード  日本発の国際ブランドカード『JCB』が、アメリカで健闘中だ。
 2007年に大手カード会社のディスカバーと提携して以降、JCBが利用できる加盟店が全米で550万店以上になった。
 アメリカでJCBのロゴを見かけないからJCBは使えないと思っている人も多いようだ。確かに、JCBのロゴはあまりアメリカでは目にしないが、これは、モールや店側のポリシーにより、利用できるカードを貼っていない店舗が多いためだ。従い、JCBのステッカーを貼ってないお店でも、JCBを使えることが多い。

JCBカード  では、ラスベガスでは、実際どんなところでJCBが使えるのか。
 日本から観光客が訪れるラスベガスのストリップ沿いのカジノホテルや高級ブランドショップ、メーシーズやノードストロームなどの大手百貨店、H&M やアバクロ、フォーエバー21といったアパレルチェーンはもちろんのこと、日常生活でも利用できるところが年々拡大中だ。
 たとえば、大型量販店のターゲットやウォールマート、ベストバイ、大型スーパーチェーンのクローガーグループ (ラスベガスではスミス) やセーフウェイグループ (ボンズ、パビリオン)、オーガニック商品を豊富にそろえたホールフーズやトレーダージョーズ、お土産購入にも便利なウォールグリーンズや ABCストアでもJCBが利用できる。

JCBカード  ところで、こういった大型チェーン店では、レジ前にあるカード読み取り機で会員自らがカードを通すのが普通だ。カードを通すと、カードの種類を聞かれるので、ここで 「CREDIT」 を選択し、合計金額を確認、署名をすることになる。
 クレジットカード利用時には、ID (身分証明) の提示を求められることが多いので、カジノ利用やアルコール飲料購入時と同様、アメリカではパスポートの携帯は必須だ。

 旅行中のガソリン給油にも、JCBが役に立つ。ユニオン76、モービル、シェヴロン、テキサコのガソリンスタンドで、JCBを利用すれば、わざわざガソリンスタンドの窓口に行って支払う必要がなく、給油ポンプのところでカード読み取り機を通すことができて便利。(一部のガソリンスタンドではZIPコード(郵便番号)の入力が必要なため、カード会社に登録している郵便番号の先頭5桁を入力しよう。また、一部のポンプでは、日本で発行されているカードの読み取りができないため、その場合は窓口での支払いが可能。)

JCBカード  さらに、カジノホテル内のレストランやバフェをはじめ、ローリーズやルースクリス、すし六などの有名レストランチェーンや、スターバックス・コーヒー、マクドナルド、バーガーキングなどのファーストフードでもJCBが利用できるので、ぜひ試してみるとよいだろう。
 では、なぜJCBを海外で利用するとよいか。その魅力は、JCBカードに付随される数々の特典だ。以下、主な特典を列挙したが、JCBカードを持っているなら、こうした特典を利用しない手はない。

特典@  「アメリカでJCBを使うほどチャンス!キャンペーン」 (2013年1月31日(木)まで)
期間中、キャンペーン参加登録したJCBカードをアメリカ本土・ハワイ・グアム・サイパンのJCB加盟店で3回以上利用すると、3回を1口として抽選でJCBギフトカード (8万円分 x 25名様、2万円分 x 150名様) が当たる。さらに、6回以上利用すると抽選口数が2倍となる。詳しくは、
http://www.jcb.co.jp/campaign/c12_020america.html?ad_id=jp_c12_020_lvtaizen をご確認ください。

特典A 「アメリカ本土のJCBプラザでギフトをもらおう、はずれないよ♪ キャンペーン」 (2013年1月31日 (木)まで)
<チャンス1> 期間中、JCBプラザに来店したJCB会員の方にもれなく、JCBオリジナルギフトをプレゼント!さらに抽選ですてきな賞品をプレゼント!
<チャンス2> 期間中、JCBプラザにて、JCB指定のチケット、オプショナルツアーを予約された方、およびアメリカ本土で利用したUS20ドル以上(合算可能)の「JCBカードご利用控」をお持ちになった方にもれなくギフトをプレゼント。詳しくは、
http://www.special.jcb.jp/kaigai/plaza/america/index.html?ad_id=sp_usaplaza_lvtaizen をご確認ください。
※ギフトには数に限りがあります。

特典B JCBプラザでのサポートサービス
ラスベガス大全の読者に人気なのが、JCBプラザ ラウンジ・ロサンゼルスのラスベガス・ナイトショーチケット無料代行予約サービス。詳しくは、ナイトショー情報のページを参照。
また、ラスベガス到着後は、JCBプラザ・ラスベガス (ファッションショーモール内) で、JCB加盟店の予約や観光に関する問い合わせをJCBプラザ・スタッフが日本語で受けてくれる。詳しくは、http://www.jcb.jp/ws/plaza/plaza_lasvegas.html を参照。

特典C 「JCBショッピング&ダイニングパスポート」
このJCBショッピング&ダイニング・パスポート/ラスベガスを入手すれば、ラスベガスの各ショップやレストランで優待サービスが受けられる。
優待例:
 ◎ カルバン・クライン 10%引き
 ◎ プラネットハリウッド 10%引き
 ◎ キャピタル・グリル アペタイザーサービス
 ◎ H2Oプラス 15%引き
羽田空港(JCB空港サービスデスク)・成田国際空港(会員サービスデスク)・関西国際空港(パンフレットラック)にて入手可能。 また、オンラインからも入手できる。詳しくは、
http://www.jcb.jp/ws/sdp/index.html

特典D JCBグローバル・ほっとライン24
海外旅行中の万が一の事故や緊急トラブル時に電話で相談できるサービス。ケガや病気の際の病院案内のほか、クレジットカード、パスポートの紛失・盗難など、海外での不慮の事故やトラブルに日本語でサポート (24時間・年中無休)。
(居住国からの利用は不可。詳しくは、 http://www.jcb.jp/ws/hotline24.html を参照)

特典E JCB海外お買い物保険
海外所在のJCB加盟店にてJCBカードでご購入された品物の、偶然の事故による破損・盗難などの損害を補償するサービス。購入日から90日間、年間最高50万円まで補償。
(1回の事故につき自己負担額1万円。一部のJCBカードは、サービス名称・補償内容が異なることも。詳しくは、 http://www.jcb.jp/ws/insurance.html を参照)

 アメリカは、クレジットカード利用が日本よりも普及しており、数ドルの小額でもクレジットカードを利用するのが当たり前。現金は紛失・盗難にあったらもどってこないが、JCBカードなら、紛失・盗難にあってもサポートサービスが充実しているので、海外旅行では特典いっぱいのJCBカードを利用したい。
 なお、拡大しているJCBの加盟店リストは http://www.jcb.jp/ws/us_merchant.html で確認可能。



バックナンバーリストへもどる