週刊ラスベガスニュース バックナンバー   2001年11月07日号
直撃インタビュー、シンクロのスター "O" にデビュー
 華麗なる水上アクロバットとして知られる人気ナイトショー "O" (オウと発音) に、このたび日本人初のパフォーマーとしてシンクロナイズドスイミングのオリンピックメダリスト奥野史子 (バルセロナ・銅。写真右) と 河辺美穂 (アトランタ・銅。写真左) が見事にデビューを果たした。

 カナダのモントリオールに拠点を置く人気劇団 CIRQUE DU SOLEIL が演じるこの "O" は、ラスベガスに数あるナイトショーの中でも圧倒的な人気を誇っており、観る側のみならず演じる側にとっても憧れの舞台だ。
 劇団広報部の話によると、高度な技術が要求されるそのオーディションには、シンクロ、水泳、高飛び込み、体操など、オリンピック選手級の者が多数挑戦するとあって、この種の試験としては世界最難関とのこと。
 運よくオーディションに合格しても実際にステージに上がれないメンバーも多いという中、すでに二人はレギュラーの座を確保し毎晩フル出演しているというから、彼女たちの実力のほどがうかがい知れる。オリンピックメダリストとしての面目躍如といったところか。
 
 今回の取材で観た公演における彼女らの演技はデビュー3週間とは思えないほど落ち着いたもので、これまでに彼女らが培ってきた百戦錬磨の実績を感じさせられる。最後のスタンディングオベーションのシーンでの観客に手を振る姿など、他のベテランメンバーとなんら遜色がないほど堂々としており、早くもこのショーを心底から楽しんでいるという印象を受けた。

 さて今週は、そんな彼女らがステージの合間の忙しい時間に本誌との対談インタビューに応じてくれたので、その模様をお伝えしたい。ステージに幕が降りてすぐに舞台化粧のままプレスルームに姿を現してくれた彼女らは、つい数分前まで水中で激しく体を動かしていたとは思えないほどリラックスした表情でいろいろ語ってくれた。
 彼女らはギャンブルをするのか...、どこに住んでいるのか...、日本食を食べたくなった際はどこで食べるのか...、答えは以下をクリック!

■ 奥野史子、河辺美穂、直撃インタビューの対談内容 ← クリック


バックナンバーリストへもどる