週刊ラスベガスニュース バックナンバー   2001年03月28日号
日本人観光客が急増中、M & M's WORLD
 今週は、3年程前にオープンし、すでにここでも取り上げたことがある M & M's WORLD を改めて紹介してみたい。

 この M & M's WORLD は、カラフルなチョコレートとして世界中で親しまれている M & M's チョコレートのテーマ館だが、先月から突如ここを訪れる日本人観光客が急増している。特に日本の小中学校が春休みに入った先週後半からは子連れファミリー族が連日押しかけ、その加熱ぶりは現場スタッフも驚いているほどだ。
 日本人客急増の理由は他でもない日本で放送されたテレビ番組の影響だ。人気女性タレント高見知佳がレポーター役を務めるその番組で、この M & M's WORLD が "お勧めスポット" として紹介されたというわけだ。
 放送直後からこちらラスベガス大全にも 「場所は?」、「あのチョコレートは?」 といった問い合わせが寄せらているが、とにかくテレビの影響力の大きさには改めて驚かされる。

 館内は 1階が M & M's およびその系列会社の贈答用高級チョコレート “ETHEL-M” の売場、2階が M & M's のキャラクターグッズ売場、3階が M & M's チョコレートの製造工程をおもしろおかしく再現した M & M's Academy (写真 ← クリック) と M & M's キャラクターによる3Dアニメ映画館、4階がキャラクターグッズ売場とコーヒーショップになっている。

 今回テレビ番組で紹介され人気を集めているのは2階のキャラクターグッズ売場にある "Color Works" と呼ばれる "チョコレートの計り売り" のセクションだ。
 何種類もの異なる色の M & M's チョコレートの中から好きな色のチョコレートを任意に選び、それを縦長の透明な袋に自分で詰め (すべてセルフサービス)、"自分独自のカラフルな袋詰めオリジナル M & M's チョコレート" を作って持ち帰ろうというものだ。
 料金は詰めたチョコレートの量で決まり、1 ポンド (約 450グラム) $8 となっている。

 ちなみに左の写真はチョコレートを袋に半分ほど詰めた状態だが (ゴルフボールは大きさを比較するために一緒に撮影したもので M & M's とは無関係)、これで 1.5 ポンドあり $12 と決して安くはない。スーパーマーケットで普通に M & M's を買うことを考えるとかなり割高だ。
 それでもこのカラフルで愉快な売り場は子供ならずとも見ているだけで楽しく、ついつい自作 M & M's を作ってみたくなる。「少々高いが、職場へのみやげにちょうどよい」 などという若い女性グループの声も聞かれ、現場では子供の姿よりも大人の方が目立つ。
 ちなみにこの Color Works は3年前の開業時からあったが、最近拡大され今まで以上に派手になった。

 ・ 現場の写真 ← ここをクリック

 Color Works 以外の見ものといえばやはり 3階にある M & M's Academy および 3Dアニメ映画館だが、こちらも人気は上昇中だ。開業当初 $4 だった入場料が昨年 $3 に値下げされ、そしてつい最近無料で開放されるようになったからだ。値上げされるアトラクションが多い中、これは極めて異例のことといってよいだろう。

 ラスベガスに数多く存在するアトラクションのほとんどがカジノへの集客を意識した 「客寄せ道具」 として運営されているのに対して、この M & M's World はカジノとはまったく無縁のアトラクションだ。そのためか、非常に健全でほのぼのした雰囲気が漂っており、小さな子供も安心して連れて行くことができる。また今回 3Dアニメなどが無料になったこともうれしいニュースだ。
 子供が楽しめる施設が急減している最近のラスベガスにおいて、子連れファミリー族におすすめできる数少ないエンターテーメントスポットといってよいだろう。

 場所はモンテカルロホテルの斜め向い側。入場は無料。年齢制限も特にない (乳児もOK)。営業時間は原則として 9:00am から 11:00pm まで。ただし M & M Academy と 3Dアニメ映画館はこの営業時間よりも早く閉まってしまう場合があるので注意が必要だ。


バックナンバーリストへもどる