週刊ラスベガスニュース バックナンバー   2010年 05月 19日号
テキサス風のレストラン & ダンスホールが TIにオープン
 先月トレジャーアイランドホテル(TI)の敷地内のストリップ大通りに面した歩道沿いに、カウボーイをテーマにしたテキサススタイルのレストランとダンスホールの複合施設 「Gilley's」 がオープンした。
 カントリーミュージックのシンガーソングライターとして名高いミッキー・ギリーの店で、テキサス州ではだれもが知る有名店だ。(写真右、クリックで拡大表示)

 今回オープンしたのは、そのラスベガス店ということになるが、話題はなんといってもメカニカルブル (mechanical bull、写真左)。
 メカニカルブルとは、ロデオ競技などに登場する雄牛の激しい動きを、機械で人工的に再現した装置のことで、これを使った競技も実際に存在するほど、最近のメカニカルブルの動きはかなり本格的だ。足などはないが、もちろん見かけは暴れ牛に似せて造られている。
 そして、「メカニカルブルといえばギリーズ」 といわれるほど、この店はメカニカルブルで知られ、ここラスベガス店でもそのブルライドの体験が可能だ。料金は10ドル。18歳以上が条件で、体験前に、「腰などを痛めたりしても訴えません」 といった内容の書類にサインさせられる。

 その他でこの店の特徴といえば、ダンスフロアと簡易ステージがあるということ。
 曜日や時間帯によってはDJがやって来てナイトクラブのようになるわけだが、そこはさすがにテキサススタイル。一般のナイトクラブに見られるような気取った雰囲気はまったくなく、服装も自由で入場料などは一切ない。

 バーカウンターの座席が乗馬のサドル形 (写真左) になっているのもこの店の特徴なのでぜひ見ておきたい。できれば実際にまたがって座ってみよう。
 なお、ダイニングセクションにあるバーカウンターは通常のイスなのでこの限りではない。
 ちなみに、入口を入って左側 (ストリップ大通り側) がダイニングセクションで、そこはレストランと普通のバー。そして右側 (カジノ側) がメカニカルブル、ダンスフロア、サドル形のイスがあるカウボーイスタイルのバーが集まるダンスホールセクションになっている。

 ダイニングルームは子供も大歓迎の通常のレストランだが、一方、ダンスホールセクションは基本的にはオトナ用の酒場だ。したがって、ウエイトレスなどスタッフの衣装も大きく異なり、ダイニングルームではカウボーイハットをかぶっただけの普通の服装をしているが、ダンスホールセクションでは肌の露出度が激しいセクシーな衣装が目立つ (写真右)。ただ、全体として統一性が無いのもこの店の特徴で、店員であることに気付かないような服装のスタッフも少なくない。

 レストランとしてのダイニングルーム (写真右) の評価は可もなく不可もなく、といったところか。
 メニューはバーベキューリブやハンバーガーなど肉類がメインで、その他にはチキン、オニオン、ポテトなどの揚げ物が目立ち、全体としてこってりしたものが多い。もちろんサラダと名の付くメニューも4つあるが、そのうちの2つはチキンサラダとポークサラダ。したがって、あっさりしたものを食べたい場合や、ベジタリアンにとっての選択肢はほとんどないと考えたほうがよい。
 料理は荒々しい金属の皿に盛り付けられてくるので高級感はないが、テキサス風のワイルドな演出としてはなかなか楽しい。
 インテリアはカウボーイというテーマに添ってテキサス風のイメージにしっかり統一されている。窓際の席からはストリップの歩道を歩く通行人の人間ウォッチングができて退屈しない。窓から遠い席もテレビがたくさんあり、スポーツ番組などを楽しみながら食事ができるようになっている。

 場所はこのホテルの名物ともいえるアトラクション "Sirens of TI" (かつての海賊船ショー) が行われる池の南端に面した位置で、一部は水上にある。
 したがって、ダイニングルームのバルコニー席から、そのアトラクションを観ることが可能。地上よりもやや高くなっているので、混雑した場所にいる群集を見下ろしながら (写真右) 優雅に楽しむことができるが 、テーブルの数が少なく5組ほどで満席になってしまうため、アトラクションが行われる夕方以降にその席を確保するのはむずかしい。
 なお、この店の歩道側の出入口はそのアトラクションの群集がいる場所に面しているため、安全上の理由から、アトラクション上演中は出入口が閉鎖される。ただし、カジノ側に面した室内にある出入口は上演中でも利用可能。
 上演スケジュールは、毎晩 7:00pm、8:30pm、10:00pm、11:30pm に始まり、それぞれ15分程度。営業時間はダイニングセクションが午前11時から深夜12時まで。ダンスホールセクションは午前11時から深夜2時まで、週末は4時ごろまでオープン。ちなみにダンスホールセクションは、昼はほとんどだれも人がいないので、ブルライドなどを見たい場合は夜に行ったほうがいいだろう。


バックナンバーリストへもどる