週刊ラスベガスニュース バックナンバー   2010年 03月 24日号
LV大全読者限定、Fアウトレットへのシャトルが無料に!
 砂漠の中のショッピング・オアシス 「ファッションアウトレット」 へ無料で行ける!
 そんなうれしい話がこのたび同アウトレットとラスベガス大全のコラボレーションで実現した。
 ファッションアウトレットといえば、ラスベガスのホテル街から約60kmも離れた遠い砂漠の中にあるのが特徴で (写真右は、ラスベガス側からではなくロサンゼルス側から撮影。クリックで拡大)、離れているがゆえの安さが評判だが、場所が特殊なためレンタカーやタクシー、もしくは同アウトレットが運営する15ドルの有料シャトルバスで行くしかないという不便があった。
 そのシャトルバスが往復無料になり、さらに、さまざまな店舗で利用可能なクーポンカード "Green Savings Card" (通常5ドルで販売、写真右下) が付いてくるというからありがたい。

 利用方法はいたって簡単。このラスベガス大全の [クーポン] セクションにある [Fashion Outlets] をクリックし、開くページを印刷。それを乗車券売場に持って行くだけだ。
 その場で乗車券と Green Savings Card が手渡され、あとは現場スタッフの誘導に従ってバスまで進み乗車する。広大な砂漠の中の高速道路を約45分走ると到着だ。
 つまりラスベガス大全のページから印刷して持参するクーポンは、バスの乗車券と Green Savings Card を無料で受け取るためのもので、Green Savings Card はアウトレット内の各店舗で割引を受けるためのもの。
 ちなみにその割引は、たとえば 「100ドル以上買うと 25ドル引き」 (ナイキ)、「75ドル以上買うと 15%引き」 (オールドネイビー)、「金額に関係なく合計から 20%引き」 (ケネスコール) などさまざま。各店舗ごとの割引内容の一覧表はこちらをクリック

 バスの出発地点は以下のリストに示した通り、MGMグランドホテル、プラネットハリウッドホテル、ファッションショーモールの3ヵ所で、それぞれに乗車券売場が存在している。(ファッションショーモールとファッションアウトレットは名前は似ているがまったく別物なので要注意)
 どこから乗ってもかまわないが、運行本数的にも現場の対応的にも、MGMからの出発が断然おすすめだ。
 他の2ヶ所は、ナイトショーのチケット売場などが業務を委託されるかたちで乗車券を販売しているためか、現場スタッフのこのシャトルに対する認識度が低く、対応がスムーズでないことが少なくない。一方、MGMの乗車券売場は、このシャトルのために存在しているようなもので、その種のトラブルは皆無と言ってよいだろう。

 なお、プラネットハリウッドホテルとファッションショーモールから乗る場合、実際にバスが出発する場所が乗車券売場からやや離れているためわかりづらい部分もあるが、乗車券売場で待っていれば運転手が迎えに来てくれることになっているので、バスが停車している場所まで自分で行く必要はない。つまり運転手の到着を待ち、乗車券売場から大勢でぞろぞろ歩きながらバスに向かうことになる。
 なお、売り切れ (満席) になってしまうこともときどきあるので、なるべく早めに現場に到着するようにしたい。
 ショッピングの後、ファッションアウトレットからホテル街へ戻る際の帰路においては、バスそのものが集合場所となるので、その停車位置をしっかり覚えておく必要がある。下車した場所と同じなのでむずかしいことはないが、目印は 「ポロ・ラルフローレンの前」 (写真右上) と覚えておくとよいだろう。
 ホテル街に到着の後は MGM → プラネットハリウッド → ファッションショーモール の順に停車するので、自分の宿泊ホテルに最も近い場所で下車すればよい。

 MGMグランドホテルの乗車券売場
 乗車券売場もバスの乗り場も WEST WING という名称の出入口にある。(このホテルの裏口のような存在の小さな出入口)
 ストリップ大通り側からの行き方は、MGMグランドホテルの最も高い広告塔 (高さ 50メートル以上あるので、どこからでもよく見える) と、そのすぐ近くにある Grand Canyon Experience という名称のかなり大きなギフトショップ (どちらもストリップ大通りに面している) の間にある小さな道を入って 40メートルほど先に見える出入口が目的の WEST WING 。(ドアが濃い赤い色のガラスになっているはず)
 乗車券売り場は、その出入口から館内に入ってすぐ右手にある小さなコンビニの入口脇の小さなデスク。(8:30am 〜 2:00pm 以外の時間帯は、片付けられてしまうので、探しても見つからない)
 MGMグランドホテルの館内のカジノフロアから行く場合は、Rain Forest Cafe というテーマレストランの入口に向かって右手方向にのびる通路を進むと、すぐにこの WEST WING が見えてくる。
  MGM 発 F. Outlets 着 F. Outlets 発 ホテル街 着
第1便 09:15am 10:00am 01:00pm 01:45pm
第2便 11:15am 12:00pm 03:00pm 03:45pm
第3便 02:00pm 02:45pm 06:00pm 06:45pm


 プラネットハリウッドホテルの乗車券売場
 まずプラネットハリウッドホテルに隣接しているショッピングモール 「ミラクルマイル」 の中に入る。ストリップ大通りから一番遠い付近に、駐車場へつながる出入口、もしくはファーストフード店 TACONE Flavor Grill があるので、そこまでひたすら進み、その周辺で周囲を見渡すと、このショッピングモールのサービスカウンターが見つかるはず。そのカウンターで乗車券を販売している。
  P. Hollywood 発 F. Outlets 着 F. Outlets 発 P. Hollywood 着
第2便 11:00am 12:00pm 03:00pm 04:00pm
(MGM発の第2便に合流する形で接続)

 ファッションショーモールの乗車券売場
 ウインラスベガスの向かい側、あるいはトレジャーアイランドのすぐ北側に、「ファッションショー」 と呼ばれるこの街最大のショッピングモールがあるので、まずはそこを目指す。メタリック調の楕円形の巨大な屋根が目印なのですぐにわかるはず。
 次に、そのモール内に入り、下のフロア(モールは上下2段になっている) をしばらく進むと、小さな広場みたいなところに到着するので、まずはそのすぐ脇にスターバックスコーヒーがあることを確認。 (スターバックスは、ストリップ大通りに面した場所にもあるが、そこではなく、あくまでもモール内の店を目指す)
 そのスターバックスから限りなく近い場所にある (その広場みたいな場所の中)、シルバーメタリックと青でデザインされた 「Travelocity on Location」 という小さなブーススタンドが目的の乗車券売場。
  F. Show Mall 発 F. Outlets 着 F. Outlets 発 F. Show Mall 着
第2便 10:45am 12:00pm 03:00pm 04:15pm
(MGM発の第2便に合流する形で接続)

 どの場所から乗るにせよ、帰路の出発時刻は、往路のバスを選んだ時点で自動的に決まってしまう。つまり、たとえば MGM から 11:15am の便で参加すると、帰路の便の出発時刻は 3:00pm ということになる。
 しかし、もし 「これではショッピングの時間がたりない」 という場合は、ファッションアウトレット内のインフォメーションデスクに出向き、遅い便に変更してもらうことも可能なので、知っておくと便利だ。もちろん空席が無ければ変更不可だが、多くの場合、空席はある。

 余談になるが、「アウトレット」 とは、もともとは、各メーカーが年式遅れの商品や季節はずれの商品、さらには定価では売りにくいキズ物商品などをこっそり安く売るための場所として誕生したもの。しかし今では在庫調整の場所として、無キズの最新モデルが安く売られたりしているのは周知の事実。それでもその種の安売りは、市内にある正規店の価格との整合性が取れないため、街の中の目立つところではやりにくい。
 そのような事情から業界内には、「アウトレットでの売値は市内から遠く離れれば離れるほど安い」 という不文律のようなものがあり、実際に、同じブランドの同じ商品ならば、プレミアムアウトレット(ラスベガスのホテル街に比較的近いアウトレット) よりもファッションアウトレットのほうが安い、というのが地元民の間での一般的な認識だ。テナントにとっての家賃負担という意味でも、遠い不便な場所では激安価格を出しやすくなって当然だろう。

 価格的メリット以外にも、ファッションアウトレットにはさらにいくつかの特徴がある。たとえば施設全体が冷暖房完備のインドアということ。ライバルのプレミアムは屋外プロムナード型になっているので、まもなくやって来る猛暑の季節においては、その環境差は歴然だ。
 また、カジノがすぐとなりにあるというのも特徴といってよいだろう。ショッピングに興味が無い同行者の退屈しのぎの場所があるのはありがたい。
 ラーメン、チャーハン、カツ丼、カレーライスといった懐かしい味にありつけるのも、ファッションアウトレットの特徴で、モール内随一のレストラン 「こう楽」 には豊富な和食メニューがそろっている。
 砂漠の中を走るバスの車窓からの景色を見るだけでも十分観光になるはずなので、興味がある人はぜひ足を運んでみるとよいだろう。

主なテナント:
2b bebe、AeropostaleAmerican Eagle、Ann Taylor、Banana Republic、Bath & Body Works、BCBG、Boby ChanBrown Shoe Closet、Burberry、Charlotte Russe、Chico's、Coach、Cole Haan、Converse、Ed Hardy、Fossil、G by Guess、GAP、Hollister、Hugo Boss、Juicy Couture、Kate Spade、Kenneth Cole、Lacoste、Lee、Levi's、Lucky Brand Jeans、Maidenform、Michael Kors、Nautica、Neiman Marcus、Nike、Nine West、Old Navy、Polo Ralph Lauren、Quiksilver、St.John、Tod'sTommy Bahama、Tommy Hilfiger、Vanity FairWilliams-Sonoma、Wilsons Leather。
赤字は、プレミアムアウトレットには存在しないブランド)



バックナンバーリストへもどる