週刊ラスベガスニュース バックナンバー   2010年 01月 20日号
ライブを楽しめる貴重なスポット、B.B.キングのブルースクラブ
 「ライブを楽しめる店はどこにある?」 そんな問い合わせがときどき寄せられるが、これが意外と少ない。カジノに隣接する小さなバーやラウンジに生バンドがやって来たり、カラオケ会場やビアパブなどでライブ演奏を見かけたりすることはよくあるが、いわゆる日本語でいうところのライブハウスのような場所はラスベガス広しといえどもそう多くはない。ましてや、きちんとした食事も楽しめる店となるとなおさらだ。
 「エンターテイメントの聖地」 を自称するこの街としてはなんとも意外な現実だが、そんなラスベガスに昨年末、ライブ演奏も食事も楽しめる本格的なクラブが出現した。ブルース界の王様 B.B.キングの名を冠した 「B.B.キングス・ブルースクラブ」 だ。オーランド、メンフィス、ナッシュビルなどにも存在するチエーン店だが、ラスベガスでは今回が初めての出店で、場所はミラージホテルのカジノフロア内。ビートルズをテーマにした 「レボリューション・ラウンジ」 の向かい側だ。

 店のサイズは日本の一般的なライブハウスよりもかなり広いが、アメリカにおけるこの種の店としては広すぎず狭すぎず適度なサイズといってよいだろう。
 全体としては、中央部分がダイニングセクション、そしてその正面がステージ、さらにダイニングセクションの周囲を取り囲むような形でバーカウンターが配置されており、そのバーカウンターの背後の壁にはさまざまな絵や写真が飾られている。特に大胆な筆のタッチの絵はこの店の独特な雰囲気造りに一役買っており、また写真も全盛時代のB.B.キングの熱演シーンなど貴重なものが多く、ファンにとってはいくら見ていても飽きることはなさそうだ。
 なお、すいている時間帯はダイニングルームやバーの半分ほどが閉鎖されていることも少なくないが、写真や絵を見るだけならば閉鎖区域に入れるので (念のため現場スタッフの了解を得たほうがよい)、ファンならばぜひひと通り見ておきたい。
 店内の照明は食事をするにはかなり暗いが (右の写真では撮影の関係で明るく見えるが、実際には非常に暗い)、ライブ演奏の会場であることを考えるとやむを得ないといったところか。

 午後8時ごろになると、この会場でライブ演奏が始まる (写真右)。ただし、この演奏開始時刻は固定的なものではなく必ずしも8時開始とは限らないので、そのつど確認したほうがよい。演奏は深夜12時もしくは1時ごろまで続く。(店自体は2時までオープンしている)
 演奏するのはレギュラーバンドの 「B.B. King All-Star Band」 がメインだが、その他にもさまざまなバンドが登場する。もちろん B.B.キング本人がやって来る可能性もゼロではなく、実際に先週の金曜日には孫の誕生日パーティーということで本人が姿を現し一般客をビックリさせた。84歳と高齢ではあるものの、まだ精力的に活動しているようなので、今後も運がよければここで会える可能性がありそうだ。

 ダイニングのメニューに関しては、アメリカの南部料理など一部特徴的なものもあるにはあるが (右の写真はガンボスープ)、基本的にはハンバーガー、サンドイッチ、ステーキなど、ごく一般のファミリーレストランで見られるような庶民的なものが中心で、価格設定もファミレスと大差ないように見受けられる。
 いくつか試食してみた限りでは、味も期待以上のものでも以下でもなく想像の範囲内といった感じで、あまり大きな期待をすることなく気軽な気持ちで利用すれば後悔するようなことはないだろう。基本的にはライブ音楽のついでに食事もある、つまり 「食事をするところ」 ではなく 「音楽を聴きに来るところ」 と考えたい。
 ちなみに営業時間は朝6時30分から深夜2時までなので、朝食にこの店を利用することも可能だ。もちろんその時間帯には生バンド演奏はないが、ホテル内のほかの飲食施設は総じて高いので、安く切り上げたい宿泊者などにとっては朝食の場所としても利用価値があるかもしれない。
 最後に税金の話を。ネバダ州の現在の消費税は 8.1% だが、ナイトショーのチケットなどには 10.5%のライブエンターテイメント税が課せられる。このレストランにおいても生演奏中の滞在にはこの税金が加算されるので知っておいたほうがよい。また、食事をせずにバーなどでドリンクだけをオーダーする場合、5ドルのカバーチャージを取られることもある。まだ開業してから日が浅いため従業員がよくわかっていないのか、それとも方針や管理がいい加減なのか不明だが、この税金やカバーチャージの徴収においては、ちぐはぐしている部分が散見された。いずれにせよ、ライブエンターテインメント税が加算されることがあり得るということだけは知っておいて損はない。


バックナンバーリストへもどる