週刊ラスベガスニュース バックナンバー   2000年10月18日号
T.ウッズの練習場 Butch Harmon ゴルフスクール
 9月 27日号のこのコーナーでたまたま Butch Harmon ゴルフスクールのことに少し触れたところ、読者から 「もっと詳しい情報が知りたい」 との声が多数寄せられたため、今週はそれについて取り上げてみたい。

 Butch Harmon 氏は今やゴルフ界では知らない者がいないほど有名な世界の頂点に立つ “スーパーインストラクター” だ。
 彼はこれまでにもグレッグノーマン、デービスラブ、レイフロイド、マークカルカベッキアなど世界の一流プレーヤー(全員がメジャー大会を制覇している) を育ててきたインストラクターとして広く知られてきたが、彼をこれほどまでに有名にしたのは他でもないあの天才ゴルファー・タイガーウッズだ。

 Harmon 氏 (写真左) はここ数年、タイガーウッズの専属インストラクターとして、タイガーウッズが出場するほとんどのトーナメントに同行しており、試合前にタイガーウッズのフォームを念入りにチェックする Harmon 氏の姿はすでにテレビ中継などでもおなじみだ。
 全米オープンでの独走優勝を始めとする今年のタイガーウッズの活躍を見ている限り、もはや向かうところ敵無しといった感じだが、さらなる飛躍を目指す二人は暇さえあれば日夜研究とトレーニングを続けているという。

 「世界の頂点を極めたタイガーが今さらインストラクターから何を学ぶのか?」 と思う者もいるようだが、それは日本的発想なのかもしれない。
 日本でも 「名選手必ずしも名監督にあらず」 などと言われたりすることはあるが、それでも監督にしろトレーナーにしろ日本のスポーツ界における指導者のそのほとんどは現役時代にそれなりの実績を残した名選手ばかりだ。
 現役時代の実績がないと指導者としてのハクが付かないからか、習う選手側に、「プレーヤーとしての実績のない者から何が学べるのか」 といったおごりがあるからなのか、いずれにせよ日本ではプレーヤーという職業と指導者という職業の分業がアメリカほど明確にはなっていないようだ。

 理論を知っていても体でそれを再現することができずプレーヤーとしては開花できなかった者が優秀な指導者に成長してもなんら不思議ではない。したがって、当然のように Harmon 氏のような “スーパーインストラクター” が育つ土壌がアメリカにはある。そしてそういった指導者の意見に一流選手も耳を傾ける。
 つまり、Harmon 氏はタイガーウッズと言えども知り得ない理論を持っており、それと同時にタイガーウッズはそこからひたすらに何かを学び取ろうとする。選手と指導者がお互いを尊敬し信頼し合う、そんな図式があってこそ世界の頂点を極めることができるのであろう。日本の女子マラソンのオリンピックでの活躍などはまさにその典型なのかもしれない。日本でも今後は選手と指導者の分業化が益々進みそうだ。

 前置きが長くなってしまったが、そんな Harmon 氏のゴルフスクール Butch Harmon School of Golf はラスベガスの中心街からわずか車で20分のところにある。名前だけを貸しているゴルフスクールだと思ったら大間違いだ。なんと Harmon 氏はタイガーウッズが出場するトーナメントに同行していない限りほとんど毎日ここにいる。
 もちろんタイガーウッズもこの施設を頻繁に出入りしており、つい先週もここにやってきたという。ちなみにタイガーウッズはロサンゼルス郊外がホームタウンだったが、現在は税金対策上の理由などからフロリダ州の住民となっている。それでもラスベガスがまるで第二の故郷かのように、はるばるフロリダから Harmon 氏をしばしば訪れている。まさにここはタイガーウッズの秘密練習場といった感じだ。

 ゴルフスクールはラスベガスのホテル群を一望にできる ( ←クリックで写真表示) 小高い丘のほぼ頂上にあり、周囲は高級住宅街になっている。Harmon 氏の知名度に反して建物などは、「ここが世界の頂点に立つタイガーウッズの練習場か?!」 と少々拍子抜けするほど質素だ。
 一方、建物は質素でも屋外の練習環境はさすがに充実しており、バンカーショット、アプローチショット、パッティングなど、それぞれの練習スペースはとてつもなく広い。ドライビングレンジにいたっては 400ヤード打っても大丈夫なほど広大なスペースが確保されている(もちろんネットなどは張られていない)。
 ちなみにこのゴルフスクールは、リオスイートホテル、ハラスホテル(両ホテルは同じ会社が運営)、および両ホテルのカジノゲスト用に造られた高級リゾートコース Rio Secco Golf Club と業務提携を結んでおり、その Rio Secco の敷地内に存在している。(ただしゴルフスクールの建物と Rio Secco のクラブハウスは別の場所に独立して存在している)

 もちろんこのゴルフスクールはタイガーウッズだけのためにあるわけではなく、一般ゴルファーも利用できるようになっている。日本人観光客も大歓迎とのことだ。さまざまなレッスンパッケージが用意されており、内容や料金はそれぞれ以下のようになっている。

 ■1時間プライベートレッスン
 内 容 : 自分が教えてもらいたいショットを1時間コーチからレッスンを受ける。
 コース : レッスンプロのコース $150
Butch Harmon 氏のコース $500
 ■1日ゴルフ教室
 内 容 : Harmon氏によるレッスン、コンピューターやビデオによるフォームの分析、レッスンプロと一緒に Rio Secco でワンラウンド、リオスイート2泊、送迎バス、昼食。
 コース : Butch Harmon 氏のコースのみ $2250
 ■3日ゴルフ教室
 内 容 : レッスン、コンピューターやビデオによるフォームの分析、コーチと一緒に Rio Secco で3ラウンド、リオスイート4泊、送迎バス、昼食3回。
 コース : レッスンプロのコース $2600
Butch Harmon 氏のコース $4600


 時間的に余裕がない大多数の日本人観光客にとって 「3日ゴルフ教室」 は現実的ではないだろう。そうなると 「1日ゴルフ教室」 もしくは 「1時間プライベートレッスン」 ということになるが、「1日ゴルフ教室」 は料金の高さもさることながら、リオスイートホテルの宿泊とセットになっているため、別のホテルに泊まっている一般日本人観光客の場合、少々具合が悪い。 結局 「1時間プライベートレッスン」 を選ぶしかないというのが現実ではないだろうか。

 ではその 「1時間プライベートレッスン」 ということになるが、残念ながら Harmon 氏に教えてもらうことは極めてむずかしそうだ。パンフレットなどにはたしかにこのメニューも 「1時間 $500」 で掲載されているが、それはあくまでも看板メニューとして形式的に載せているだけで、一般の人は $1000 出そうが $2000 出そうがよほどのことがない限り教えてもらえないとのこと。
 すでに富も名声も築いてしまっている Harmon 氏にとって $1000 や $2000 はどうでもよい金額で、 現在彼はリオスイートやハラスの超ハイローラーなどだけを、カジノ側との特別な契約で教えているようだ (教えてもらう側も $500 などという定価に関係なく、かなりの額のチップを渡しているものと思われる)。そのようなこともあり、駐車場にはいつもホテルが仕立てたストレッチリムジンが待機している。

 ということで、一般の観光客は残念ながら Harmon 氏の弟子(レッスンプロ)による 1時間 $150 のレッスンを受けることになるが、それでも Harmon 氏は落胆する我々に対して、「僕の弟子には僕のレッスン理論をすべて伝授してあるので僕から習っても彼らから習ってもまったく同じだよ」 とにこやかに答えてくれた。ちなみに彼が太鼓判を押している弟子は現在4人いる。

 ここで Harmon 氏から習うことをあきらめてしまうのはまだ早い。「1時間プライベートレッスン」 と違い、「1日ゴルフ教室 with Butch Harmon」 および 「3日ゴルフ教室 with Butch Harmon」 はハイローラーのみならず一般ゴルファーも対象としているので誰でも参加可能だ。「1日」 は、メジャートーナメントで忙しい月を除けばほぼ毎月1回、「3日」 に至ってはほぼ毎月3回のペースでそれぞれ開催されている。

 ・ 「1日ゴルフ教室 with Butch Harmon」 2001年のスケジュール ←クリック
 ・ 「3日ゴルフ教室 with Butch Harmon」 2001年のスケジュール ←クリック

 予約は 60日前から受け付けており (電話番号 702-889-2400) 、予約時にはクレジットカードでのデポジットが必要だ。また、当日はパンフレットなどに公表されている料金以外にチップも必要なので忘れないように。
 行き方は、ストリップのホテル街から高速 15号線の南行き(ロサンゼルス方面)に乗り、3分ほど走り 215号線の東行き(マッキャラン空港およびヘンダーソン方面)に乗り換え、4つ目の出口 Eastern Avenue で高速道路を降りる。降りたら右折 (南方向) し、Eastern Avenue をそのまま 3分ほど走ると St.Rose Parkway (最近道路名が変更になったので、レンタカー会社がくれる地図などには旧名の Lake Mead Drive と書かれている可能性がある) が出てくるので、それもそのままつっきり Eastern Avenue をさらに真っ直ぐ進む (途中、左2車線は Anthem という方向に向かうレーンになってしまうので、そちらには進まないようにすること。したがって St.Rose Parkway を越えてからは 1番右側の車線にいた方がよい)。坂を登り上がった地点(St.Rose Parkway から約 2.2マイル、高速 215号の出口からだと約 3.3マイルの地点)が一時停止になっているので(信号も何もない非常に見落としやすい場所)、そこを右折 (西方向)。ちなみにその道路名は Grand Hills。右折後、0.6マイル走ると左側に暗いオレンジ色の Butch Harmon School of Golf の建物が見えてくる。


バックナンバーリストへもどる