週刊ラスベガスニュース バックナンバー   2000年1月19日号
ハイアット、花火と共に華々しくオープン
 1月 14日夜、1000人を超える招待客が見守る中、レイクラスベガス湖畔において Hyatt Regency Lake Las Vegas Resort の開業を祝う “ネバダ州における史上最大規模の花火大会”(ハイアットリージェンシー広報部) が開かれた。

 花火大会を企画担当したのはこの種のイベントのプロデューサーとしては第一人者の Manuel Patino 氏と Pyritz Pyrotechnics 社で、Patino 氏はサウジアラビアやタイの王室イベント、そして最近ではプロフットボールのデンバーブロンコスのホームグランドで行われたジョンエルウェイ選手の引退セレモニーなどを企画担当した名プロデューサー。
 今回の花火大会では数週間前に完成したばかりの新技術(Patino 氏)を導入し、サウンドとレーザー光線を連動させた打ち上げ花火や、噴水を利用して湖上に作ったウォータースクリーン上での レーザープロジェクションショー など、火、光、音、水をアレンジした幻想的なショーが披露された。

 さて “主人公” の ハイアットリージェンシー だが、実は約1ヶ月前の 12月 17日 にすでにソフトオープン (仮オープン) しており、今回のイベントはすべての施設の完成を祝うグランドオープニングセレモニーということになる。
 カリフォルニアのデベロッパー Transcontinental 社などを主体とした企業グループが、44億ドルという空前の巨費を投じて砂漠の中に完成させた世界屈指の人造リゾート都市 Lake Las Vegas (名前の通り巨大な人造湖がビレッジの中心にある。場所はストリップの繁華街から南東方向へ約 27km の地点) の一角に完成したハイアットリージェンシーは、客室数こそ 496 と中規模だが、広大な湖につながる 白砂のラグーン に面しており、フィッシング、ジェットスキー、水上スキー、ヨットなどのウォータースポーツが気軽に楽しめるようになっている他、ジャックニクラウス設計の Reflection Bay Golf Club と一体化しており、レジャー施設という部分においてはストリップの巨大テーマホテルにまったく引けを取っていない。ちなみにそのゴルフコースはゴルフダイジェスト誌の 「99年、世界リゾートコースベストテン」 の第6位に選ばれている。
 その他、客室規模の割には十分すぎるほど大きなプール施設 (2つある内のひとつは温水プール)、高級SPA、また、規模は小さいながらも本格的なカジノもある (ブラックジャック 8台、ルーレット 1台、クラップス 1台、レットイットライド 1台、その他 話題の MEGABUCKS などスロットマシン とビデオポーカー約 200台)。ルールはブラックジャックにサレンダーがないこととルーレットが シングルゼロ になっていること以外、おおむね “ストリップ標準” に準拠している。

 客室は特に広い方ではないが、備品は “ストリップ標準”よりもはるかに充実しており、冷蔵庫、コーヒーメーカー、バスローブ、アイロン、ドライヤー、金庫などがスタンダードルームも含めたすべての部屋に備え付けられている。
 ここのホテルの自慢は室内そのものよりも窓からの景色とのことで、約 8割の客室からレイクラスベガスとそれに面したゴルフコースが見渡せるという。
 レストラン部門は客室数が少ないだけにカフェやラウンジバーなどのカジュアルダイニング以外には本格的レストランがひとつしか存在していないが、その一つがなんと寿司カウンターも備えた和食の “Japengo” だ。 メニュー には和食以外にもカリフォルニア料理など独創的なものもあり、日本人の舌にも合いそうな料理が目立つ。取材時に食べた寿司などはかなりまともな味だったが、グランドオープニング時のレセプションという特別な状況下だったため、普段の味と同じかどうかは何とも言えない。

 宿泊料金は他のラスベガスのホテルと同様、季節や曜日によって大きく変動する “時価制” となっているが、おおむね 1泊 $180〜$300 程度で泊まれるようだ。
 ホテル全体のイメージとしては限りなくデザートインに近い。規模や外観、プールの位置、ゴルフ場に面していることなど、かなりの部分でデザートインに酷似している。唯一の違いはホテルの位置している環境が、湖という自然に囲まれているか、ストリップの繁華街にあるか、といった点だろう。どちらのホテルを選ぶかは好みの問題だが、純粋にリゾート気分を楽しみたいのであればハイアットに軍配を上げたい。特にゴルファーには文句無しにこちらをおすすめする。伝統あるデザートインも名門コースだが、こちらのコースの美しさとメインテナンスは抜群で、日本では遭遇し得ないような高速グリーンも体験できる。

 行き方は、ストリップ地区からの場合、最寄りのランプから高速 15号線の南行き (ロサンゼルス方向) へ乗り、数分走るとすぐに高速 215号線が出てくるのでそれの東行き (HENDERSON方向)へ乗り、あとはひたすらに約 30分走ると荒野の中にポツリとレイクラスベガスの入口が左手に見えてくる。(途中で 215号線は一般道になってしまう) 予約電話番号は以下の通り。

■ Reflection Bay Golf Club:  702-740-4653
■ Hyatt Regency Lake Las Vegas Resort: 702-457-1234



バックナンバーリストへもどる